春は身体も衣替え

寒かった冬の空気が、少しずつ春に変化してきた今週。

風も少し柔らかく、日差しが暖かく感じます。

お洋服や小物も春の装いに切り替えてみるお、見た目もですが、気持ちもフワっと明るくなってきますね。


そして春は見た目だけではなく、身体も衣替えをする季節です。


いわゆるデトックスの季節。


血流が他の季節に比べて滞りやすい冬、せっせと身体は老廃物を溜め込みます。
寒いと身体も全身が強張り、無意識でも緊張状態が続いています。(もちろん寝てる時でも!)


そんな身体にとっても厳しい冬ですが、気温とともに緩んでくるのが身体。


身体は緩んでくると、色んなものを熱にして外に押し出そうします。

いわゆる、【季節の変わり目の風邪】ですね。

因みに賛否ありますが、私は、この季節の変わり目の風邪、『引いとけ!』派です。


むしろ、変わり目の風邪をちゃんと引ける身体の方が、丈夫で長持ちすると思います。

ちゃんと身体が季節に順応している証拠であり、身体がすぐにエラーをお知らせしてくれる、ちゃんと精密機械の役割を果たしてる素晴らしい証拠です。

そしてこの季節の変わり目風邪の特徴の1つが、

【熱が出たあと、なんだかスッキリする】事

妙に身体が軽くなったような感覚になります。
まるで本当に身体が衣替えしたように!

(とはいえインフルエンザと間違われやすいので、熱が上がった時は周りの方への影響も考慮して一度病院へ行ってみてくださいね。)

人間は長い年月をかけて、ウイルスと戦い、その排出を熱という手段を用いて勝ち残ってきました。
勿論ウイルスのみならず、いわゆる知恵熱など、熱を出すことで毒素を出すようにする機能をつけてきました。


インフルエンザでもない、1日2日で熱が下がった、家族にも誰にもうつらなかった、、

そんな経験をされた方、これからされる方、春夏の季節を丈夫に快適に過ごせると思ってみてくださいね。




0コメント

  • 1000 / 1000