眼精疲労、腰痛、肩凝りは【同じ場所】で軽減する

相変わらず寒い日々です。

やはり2月は身体の不調が多い季節。診させていただいている方も、生理の不安定さ、頭痛、突発的な高熱(←これは前述した季節風邪かと思われますが)などなどなど。

なんとか乗り越えた!という方が多かった感じがしますが、日頃メンテナンスを欠かさない方ほど、身体が不調をちゃんと出してくるなぁという印象です。

適度に身体に溜まるものや、ホルモンバランスの変化を外に出して知らせるというのも、身体が恒常性(身体を一定に保とうとする機能)を守るために必要なことですね。


さて、今回のテーマである、眼精疲労、腰痛、強い肩凝りなど、痛みや辛さが出やすい、感じやすい、とはいえ一見場所がバラバラゆえ、どこをどう対処していいかわからないという方が多いと思います。

ストレッチ?お風呂にゆっくり浸かる?目を温める?

全部正解ですが、もっと簡単にケアができる場所があります。



それは後頭部!



後頭部といっても、下部の部分になります。
(首の上に位置する、頭が始まるところですね)

首の根っこの部分から、指5本分あたりまでをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

この部分には、首と肩を繋ぐ筋肉、腰から背骨を平行して首まで繋ぐ筋肉、また目や耳のとも繋ぐ筋肉がギッチリと集まっており、目や腰、肩などに疲労が蓄積していくと、この場所は過緊張状態になります!



ご自身で一度、首の根っこあたりや後頭部下部を指でグリっと押してみてください。


めちゃくちゃ痛い場合、認識していなくても、眼、腰、肩に完璧に疲労が蓄積しています。


本来であれば、整体師がしっかりとケアをしていきたいところですが、動脈や主神系など大切な器官が集まる場所なので、なかなか行き届きづらい場所でもあります。

また、場所が後ろなので、セルフ指圧も難しいポイント。

そこで是非実践してほしいやり方をお伝えします。とても簡単なので、毎日毎晩取り入れてみてください。


ホットタオルを電子レンジで作り、少し厚めに折りたたみ、サランラップで巻いたものを用意します。

それを仰向けに寝た時に後頭部下部に当てるだけ。

当たりづらい!フィットしにくい時は、枕やクッションに頭全体を乗せて、そこに挟み込むようにしてホットタオルを入れてください。


サランラップで巻いた方が、保温性に優れて温かい状態が保てますし、何より衣類を濡らしません^ ^

仰向けのまま、好きな音楽をかけたり、ゆっくりとした呼吸を繰り返すなど、身体の力をうまく抜きながら10分はくつろいでもらえると良いかと思います。


お風呂に入るのは面倒だけど、疲れを取りたい!という時にもかなり効きます。

女性の場合は、夜洗顔後のパックをしながら後頭部温めをすると、お顔の血流も促進されるので、パックとの相乗効果もバツグンです。


まだまだ寒さを感じる日々、簡単でいて不調を取り除く方法を毎日取り入れていけると、持病と思っていた症状も軽減しやすくなります🎵



0コメント

  • 1000 / 1000